私が開院した理由

今から10年以上も前のことです。
疲れがひどく、いくら寝ても寝た気がしない。

体のだるさが抜けない日が
続き、何かおかしい・・・
と思いながら過ごしていました。

肩こり、腰痛はいつものことでしたが風邪をひいたときのような
筋肉痛や関節痛がずっとありました。
しだいに頭痛やめまい、耳鳴り、不眠などの症状もひどくなり、
ついにそれまで勤めていた会社を続けることができなくなりました。

はじめは内科を受診しましたが「風邪だろう」と言われました。
ですが自分では「何か違う」という気がして
耳鼻科、整形外科、
頭部MRIなどいろいろな病院で検査を受けました。


それでも異常はみつからないまま、「疲れ」ということで
毎日毎日点滴をうけていましたが体調は良くなりません。

一度 心療内科に行ってみようと思い受診したところ、
自律神経失調症と診断されました。

しばらくは同じ薬を服用していましたが、一向に良くならない為、
違う薬に変わりました。その薬を服用した次の日に体に力が入らず、
起き上がることもできなくなりました。
薬が急に怖くなりました。

「このままでは自分はダメになってしまうのではないか」と
焦りと不安でいっぱいになり、とてもとても落ち込みました。

それでもまだ「健康になりたい」という思いがあって、たくさんの治療院
に通いました。整体や指圧、鍼や灸も受けました。

そのときにカイロプラクティックと出会いました。
だんだん、だんだんと眠れるようになり、

自分がすこしづつ健康になっていることを感じることができました。

少し身体が動くようになったことで、今まで暗く沈んでいた「心」が
動くのを感じることができて、とても嬉しかったのをおぼえています。

そんなことがあって、「私は今まで人の役にたつようなことを何かしたかな」
とか「後悔しない人生を過ごしたい」という思いが強くなり、
自分と同じよな症状で苦しんでいる人の役に立ちたいという思いで
カイロプラクティックという仕事を志しました。

このページの先頭へ