坐骨神経痛

「坐骨神経痛」
坐骨神経痛ってよく聞きますよね。
じつは坐骨神経痛というは病気の名前ではないのです。

何かの原因で坐骨神経が圧迫されて痛みがでる神経痛のことを
総称して「坐骨神経痛」と呼んでいます。

坐骨神経痛はお尻、太ももの後ろ側を通って足の指に
まで症状がでる場合もあります。
症状としては

・腰やお尻、太ももや足に痛み・しびれがでる

・足に力が入らなくなる

・比較的鈍い痛みで不快な感じが続く

・ほとんどの場合、片側に症状がある

これらの多くは椎間板ヘルニアによって骨盤のゆがみや股関節
のゆがみを引き起こしているのが原因とされています。

生活習慣を見直し、正しい姿勢を心がけて骨格のゆがみを
なくすることが痛みのない体への近道です。

このページの先頭へ