顎関節症

「顎関節症」

口を開いたり閉じたり、物を噛んだりしたときに、あごの関節に痛みや
音がするなどの違和感や不快な症状のことを総称して顎関節症と言います。

症状が進んでくると痛みとともに、噛んだり話をしたりするときに
周りの筋肉が硬くなってきているので、思うようにあごを動かせなくなります。
ひどい時は、あごが脱臼して口を閉じられなくなります。

原因はいろいろあるのですが代表的なものをあげてみます。

・歯の噛み合わせが悪い

・入れ歯や虫歯などで歯が無く隙間が空いている

・顎関節がすり減っている

・大きなあくびをした

・硬いものを噛んだ

この中に思い当たるものがありますか?

顎関節症は子供から大人まで幅広い年代で発生しますが
特に20代から30代の女性に多く発生する傾向があります。

当院にもあごの不快症状を訴える方がおられますが、同時に
肩こり、腰痛などの症状もお持ちです。

長い間のお体のゆがみが原因で顎関節がずれている可能性も
ありますので気になる方は、一度骨格を整えるのが良いと思います。

このページの先頭へ