四十肩・五十肩

「四十肩・五十肩」

四十肩や五十肩は、40代、50代の中年期に起こりやすく、
肩関節のまわりの組織の炎症によって強い痛みがおこるものです。

特徴としては、肩を動かせる範囲が狭くなり、

・頭の後ろで手を組む

・背中側に手を回せない

・片方の手でもう片方の肩をつかめない

などがあります。

炎症があり、痛みが強いときは なるべく肩を動かさないようにします。
炎症が治まった後は、ムリしない程度で動かします。

動かさないでいると組織が癒着して関節の動きがわるくなってしまいます。

痛みがなく、動きがわるいだけであれば運動療法が効果的ですので
アイロン体操や壁つたい体操をするのがおすすめです。

約1~2年で元通りになりますが、痛みがあるとどうしても
自分では動かさなくなってしまいますのでご注意ください。

「自分では動かせない」
そんな時は、定期的に整体師の手を借りてくださいね。
当院ではホームケアのアドバイスもいたします。

 

このページの先頭へ